ABOUT

「ほんの少しのアイデアが洋服の中にひとつあればいい。
既製服デザイナーとしての楽しみは、それで十分だから。」

 

「口紅でも、きちーんと縫っているとなんだかつまらない。
でもちょっとはみだしちゃったわとか、あら大変だわとかいった瞬間に可愛らしい表情が
出る。
そういうどこか足りなくてかわいい女に似合う服を作りたい。」

 

「ああ、ちょっと真ん中を歩いているなと思ったら、はじを探し始めるの。
楽になった瞬間はものすごく恐ろしい、、、」

「仕事も家庭も完璧主義でのぞんでいたら、今ごろ空中分解していたかもしれない。
仮に、100点満点を夢見てやったのに、1点でもミスや挫折があったら、
立ち止まってしまって一歩も進めなくなると思う。
反対に、完全は望まないで何点かとれば合格だと思っていると、
目標より少しでもいい点をとれればハッピーになれるものよ。」

「イメージする女性は、周りにどんなに批判されても自分の喜び、生き方を貫ける人。」

 

「パリでは比較するんじゃなくて、自分で決めた分だけ幸せなら、その人は凄く幸せなの
。」

「過去は振り返らない、明日にも望まない、今日を出来る限り一生懸命生きていきたい。」

 

「女がひとりで生きるということをあまり意識してはいない、いい仕事ができて、いい恋を
していれば、
みんな幸福になれるんではないかと信じています。
女であるってことを目いっぱい楽しみたい、それが私の原動力だから」

 

彼女のことをこう評したものがあるありそうでない服と人生

「寒い冬の日に、ある駅で待ち合わせるでしょ。
そこから汽車に乗ってベニスとかウィーンとか、どこかの街へ旅するの。
そして、小さな駅で汽車が止まる。ふと降りて雑誌を買う。また飛び乗る。
たとえば、そんなふうな感じで男の人と旅に出るとき、どんな服を着て、
どんなコートを羽織ったらいいのかしら、というのが、私の服づくりのテーマというかスト
ーリーなんです」

島田順子は自分の生き方を、太陽に向かって回るひまわりにたとえる。
何の理屈も構えもなく、心誘われる方向へ向かって進んできたのだ、と。

Cookies
We use cookies to optimise site functionality and enhance your experience